最近、AIがトレードする自動売買システムが登場してきていますが
その多くが、AIではなく単なる売買プログラムであるEAです。

そして、AIにしてもEAにしても、そのほとんどが利益を出せていません。

本物のAIのトレードについて面白い話を耳にしました。

AI君に

利益を出すと褒め
損失を出すと怒る

という教育をしました。

このAI君の自動売買システムが昨年、年初は良い成績だったそうです。

ところが、昨年のトルコリラの暴落で、全資産が無くなったそうです。

ここで分かったことは、AI君が怒られるのを避けるため隠すことを覚えた
ということです。

隠すこと、つまり損失を表面化させないために損切りしなかったために、
含み損を拡大してしまい強制ロスカットとなったということです。

これは人の行動パターンと一緒
まさしく奴隷マインドのメンタリティと同じで
AIも奴隷教育をすると、大きな損失を出すことになる
ということです。

つまり、次のような教育は当たり前に行われていますが、これこそが奴隷教育であり、投資で失敗する教育なのです。

利益を出すと褒め
損失を出すと怒る

成績が良いと褒められ
成績が悪いと怒られる

一方、王様マインド教育は、

利益を出しても、損失を出してもあなたには根源的に価値がある

成績に関係なく、あなたには価値がある

という教育です。

子供を教育する時にも基本中の基本です。

つまり、人は何もしていなくても、何も持ってなくても価値があるという教育が
本来の王道の教育(王様マインド教育)なのです。

そして、損切りは良いという教育です。

奴隷教育を受けると、隠すようになり、
隠すことは嘘をつくことにつながり
それは投資・トレードは勿論、仕事でも人間関係でも人生の全ての分野で問題となるのです。

まだ、読んでない人、観てない人は、是非、ご覧ください。↓

●書籍 王様マインドと奴隷マインド(サンマーク出版)
https://www.the-status.com/pr4/

●「人生で一番大切なこと・右肩上がりを実現するセミナーDVD」無料プレゼント
https://www.xfine.info/dvd/km/esg/

■名古屋セミナー開催します。3月9日(土)

名古屋での投資インテリジェンス2.0セミナー
https://www.my-mission.jp/fp/km190309/

弊社の会員でもあり、120億円の資産を持ち、日本一の個人資産家と呼ばれる竹田和平さんのお弟子さんの話もあり、
かなり興味深い話になりますので、お楽しみに。

懇親会も楽しみましょう。

申し込み時の備考欄に「ザ・ステイタスを読みました」と記載してください。

 

以上

本記事は、無料メルマガ「ザ・ステイタス」で配信したものです。是非、ご登録ください。
https://www.the-status.com/mag/
特別レポート「人生で一番大切なこと」をプレゼント中

完全版はこちら「MISSIONコーチングオンライン講座」
https://www.my-mission.jp