■天に愛されていることを知る

使命の本質を知り、使命に進むことは大切です。

しかし、使命に進む前に
「天から愛されていることを知ること」
を頭と体(経験)で理解することが大切です。

使命の本質は、天とともに歩むことであり
これは、人生で一番大切なことですが

天に愛されていることが分からないと
天とともに歩むことができません。

天から愛されていることを頭で理解したとしても
天から愛されている実感(経験)がなければ問題になります。

天から愛されている感がないと
使命や自分の才能・知恵などを
自分の武器として自己中心的に使うことになります。

使命や才能・知恵などを自己中心的に自分の武器として使うことで貧困を招きます。

使命には力があるので、最初は成功したようにみえるものの
すぐに高慢になり、良い結果をもたらさず、没落していくのです。

今回の、「天から愛されていることを知る」は感謝をテーマにします。

実は
どうすれば愛されていることに気づくかという「人の視点」だけではなく
どういう人を天は愛すかという「天の視点」も大切です。

ほとんどの人は人の視点でしか見てないために理解が浅くなります。

まず、人の視点ですが

良いことだけではなく
悪いことにも、つまり
全てのことに感謝することは
天に愛されていることを知る近道です。

すでに自分の存在自体を感謝している人は、
それだけで天から愛されていることを実感できています。

また、例えば、いつも大事な時には晴れるという「晴れ男」「晴れ女」は
まさしく天から愛されていることが明確に示されているので

自分が「晴れ男」「晴れ女」だと思う人は
それが天から愛されているという意味です。

そこまで明確でなくても、今まで、
何気ないところで配慮されていたり、
偶然ではないことがあることに気づくことがあると思います。

人生の目的・使命を知り真の成功に活かす MISSIONコーチング オンライン講座の第2回目の
イベントシートを作ることで
天から愛されていることを知るケースも多いと思います。

イベントシートを作ることで
「試練には意味と価値がある」の意味も分かってくると思います。

ここで大切なことは試練をも感謝することです。

なぜなら、試練には意味と価値があるからです。

これは「全てのことに意味がある」ということです。

これが、分かってくると、天から愛されていることが分かってきます。

(イベントシートは時々、やり直してみると新しい発見があると思います。)

天がどういう人を愛すかという視点からすると

人が自分の努力で頑張っている時には、天は見ているだけですが
人が天の元で安息している時に、天が働きます。

ということは次のような状態に陥っている人は
天が働いていることが見えないので
愛されている感もないことになります。

高慢
自己卑下
権威を敬わない
権威が嫌い・権威に反発・国が嫌い
反社会的
自己中心
宗教的
世俗的
自分の力に頼る
自分の力を強くしたい
地位・名誉が欲しい
影響力を持ちたい

これらは全て奴隷マインドの特徴です。

全てのことに感謝することが大事を書きましたが
「ありがとう」や「感謝」と1日千回言うなどということは避けましょう。

効果の有無ではなく問題があるからです。

呪文のように同じ言葉を繰り返して語ることが、
そもそも宗教的・形式的(奴隷マインド的)であり
禁止事項だからです。

天から愛されていることを知るには、
素直に全てのことに感謝することが大切です。

・・・続く

━━━━━━━━━━━━━━━━

本記事は、無料メルマガ「ザ・ステイタス」で配信したものです。是非、ご登録ください。
https://www.the-status.com/mag/
特別レポート「人生で一番大切なこと」をプレゼント中

完全版はこちら「MISSIONコーチングオンライン講座」
https://www.my-mission.jp