メールマガジン登録
ザ・ステイタス無料メルマガ登録
FPnetコンテンツ
FPnet WORLD
著者プロフィール
著者:松島 修
松島 修
1960年 東京生まれ
資産のコンサルタント会社
エフピーネット株式会社
代表取締役
私は鷲タイプ 性格ドットコム 性格ドットコムブログパーツ配布中!
書籍購入はこちら
王様マインドと奴隷マインド|書籍
特典付きで購入する
e-honで購入する
amazonで購入する

聖書で隠された成功法則|書籍
特典付きで購入する
amazonで購入する
6000nen.com
王様マインド・奴隷マインド診断
DVD購入はこちら
聖書で隠された成功法則セミナー|DVD
amazonで購入する
 
トップページ
使命はシンプルですが、奥が深いです。

使命の本質を理解するために一番大切なことは
天から愛されていることを知ることです。

天から愛されていることが真に分からないと、使命が
似て非なるもの
自己中心的な全く別物
に置き換わってしまうからです。


本講座では使命の本質をお伝えしていますが
使命の本質を聞いたことがない人は勿論のこと
使命の本質を聞いていた人であっても
次のような人は間違った認識や指導をすることになります。

・奴隷マインドが強く残っている人

・宗教的な人(コントロールスピリットがある人)

・天から愛されていることが体で分かってない人


(特に、天から愛されていることを頭で理解して他人にもそう伝えているものの
本人にその実感がない、もしくは自分を偽っている人は自己崩壊していくので注意)


このような人は、混乱状態・的外れ状態に陥ります。

時々次のような表現を目にします。

×投資・トレードで稼いで自分の使命のために使う

×使命の実現のためにトレードスキルを高める、専業トレーダーになる

×使命を信じて頑張る

このような表現に違和感がないとすれば問題です。


使命を指導している立場の人までも、すぐに
間違った使命の考え方に陥ってしまいます。


また、
「使命」ではなく「志」という表現を使って
「志が大切」などと言われることがあります。

(1)志が大切

(2)志からはじめよう

(3)大きく稼ぐことを目標にすると志になる


志の意味を辞書で調べると次のようになります。
・こうしようと心に決めたこと。
・心がある目的に向かって動く
・目的を立てる
・信念

日本人の多くは雄牛タイプで目的志向なので
本能的に目的志向的な「志」は良いものという認識をします。

しかし、辞書の意味からすると
志という言葉には中身がないことが分かります。

志には、使命の本質の要素が1つも含まれてないので
簡単に自己中心的に陥りやすいです。

□使命の本質
?世の中を良い方向に永続的に変革
?天国のような素晴らしい環境を創る
?真の富を拡大する
?天とともに歩む
?王様マインドを身に付ける
?王様マインドを拡大する
?混乱を取り除く
?奪われた良いものを取り返す


使命抜きの志や、志の表現はロジックが破綻していたり意味がなかったりします。

(1)志が大切⇒ 目的志向が良いという意味・志が自己中心かもしれない

(2)志からはじめよう⇒ 意味不明

(3)大きく稼ぐことを目標にすると志になる⇒ 欲が大きいだけ

特に(3)は思考停止していると簡単に騙されてしまいます。


人生で一番大切なことは天とともに歩むこと
という一番大切なことを誰も言ってないように
(グーグル検索しても出てこない)

世の中の初めから使命が大切であることや
使命の本質は明らかなのですが

誰も言ってなかったり、表に出てこないのは
混乱により騙されてきたり潰されてきたからです。


実際には過去、多くの人が
「人生で一番大切なことは天ととももに歩むこと」
「使命の本質」
を語ってきたのだと思いますが、
それらがことごとく潰されてきたり
影響力を削がれてきた結果、残ってないだと思います。


今、皆さんが受けているMISSIONコーチングのように
使命の本質を解き明かしているものは
少なくても私が知る範囲で、他に全くありません。

じっくりMISSIONコーチングから使命の本質を学んでいただければ幸いです。

混乱を取り除くシリーズでは、一般にいわれていることが
どのように使命の本質から外れているかも明らかにしていきます。

似て非なるものは一番タチが悪いからです。

以上

MISSIONコーチングオンライン講座から抜粋しました。
https://www.my-mission.jp


人生の目的・使命を知るWEBコーチング
の名称を変更して次の名称になりました。

MISSIONコーチングオンライン講座
https://www.my-mission.jp


■無料メルマガ読者特典

使命の本質を知り、使命に進むための無料特典を用意しました。
https://www.xfine.info/dvd/km/esg-adm/

特典は一回限りです。


以上

  *     *

■お客様が自然に集まる使命経営とは?使命経営6日間無料メール講座
https://www.fpnet-biz.com/mi/

━━━━━━━━━━━━━━━━

「王様マインドと奴隷マインド」
https://www.the-status.com/pr4/

新イーグルフライ
https://www.eagle-fly.com/mm/

エフピーネット・ワールド
https://www.fpnet.com/world/

 
 
成功・恋愛・カウンセリング・教育・コーチング・投資など様々な分野の著者や講師が間違えやすいことは、自分の性格タイプの視点で、本を書いたり、セミナーで話をしているということです。

つまり、他の人が自分と同じ考え方や感じ方だと思って書いたり、話しをしたりしているということです。

著者や講師と同じ性格タイプの人には、納得でき、効果的な話も、異なる性格タイプの人には違和感があったり、効果がなかったり、逆効果であることさえあります。

例えば、「幸せになるセミナー」というものがあったとして、雄牛タイプの講師が

「しっかり目標を設定し、それに向かってコツコツ頑張れば目標を達成して成功し、幸福になります。」

という話をしたとしましょう。

雄牛タイプのこの講師には、過去の経験からも、実感からも、確信を持って話をしますので説得力もありますし、それ自体は間違いではありません。

しかし、それを聞いている雄牛タイプの受講生は大いに共感するものの、その他の性格タイプは何か違和感があることが多いと思います。

日本人は雄牛タイプが多いため、違和感を持つ少数派の人に対して講師は、こんなに簡単で分かりやすいことを理解できない人が、たまにいるくらいにしか思ってないかもしれません。

雄牛タイプの講師にとっては、「目標を設定して、それを達成していくこと」が最高の成功感や幸福感を感じるものであり、目標を達成することが喜びです。

しかし、例えば鷲タイプは、風に乗ることが大切で、風に乗るタイミングを見極めたことが最高の成功感や幸福感を感じるものであり、風に乗ることが喜びです。

このように、性格タイプによって根本的な感じ方や考え方が異なるという視点は、どのような分野にも大切なことです。


ザ・ステイタス無料メルマガ
http://www.the-status.com/bible/mmag.html
 
 
あなたが、人が羨むようなお金持ちになっても
たとえ、世界一の大富豪になったとしても
死んだら、それを手放さなければいけません。

天国に持っていくことはできません。

また、この地上で何かの分野で秀でた才能や立場で名声を得たとしても
たとえ、大統領になって巨大な権力を持ったとしても
死んだら、それを手放さなくてはいけません。

天国に持っていくことはできません。


一方で、私たちは天(天国)に宝を積むことができます。

どうすれば、天(天国)に宝を積むことができるでしょうか?

地上で、苦労しても、天に宝を積むことにはなりません。

地上で、努力したり、修行しても、天に宝を積むことにはなりません。

また、地上で宝を持つと天に宝を積めないわけでもありません。


地上で良い行いをすることが、天に宝を積むことになります。


良い行いとは何でしょうか?

愛が動機で、困っている人を助けることなどは天に宝を積むことになるでしょう。


しかし、使命に進むことこそが一番分かりやすい「良い行い」であり、
天に宝を積むことになります。


自分に与えられたお金・資産・才能・知恵・人脈などの富を創造的に使い、
自分の周りと自分の内面に天国のような素晴らしい環境を創っていくことが使命です。


天国を創っていくことが使命であり、天国に宝を積むことになります。


つまり、天国に宝を積むことが、あなたの人生の目的そのものなのです。


地上にも天国にも、両方宝を積む経営が使命経営です。

使命経営について深堀りしたセミナーを開催します。

□使命経営セミナー6月16日(土)東京
http://www.eagle-fly.com/se/km/180616/



人生の目的・使命を知り真の成功に活かす MISSIONコーチング オンライン講座会員を退会された方へお知らせです。

受講途中で退会された方でも、それまでのコンテンツを閲覧することができます。
https://www.fpnet-ec.com/member/service/48

(但し、掲示板は使用できないため、質問等・会員割引等は適用できません)


再受講する場合、退会時の次の項目から受講することが可能です。

例えば
10ヶ月で受講終了された方は10ヶ月分迄、現在、閲覧できます。

再受講すると11ヶ月目が受講可能となりますので、1~11ヶ月分が受講可能です。

再受講はこちらから
http://www.my-mission.jp/


■無料メルマガ読者特典

使命の本質を知り、使命に進むための無料特典を用意しました。

人生の目的・使命を知り真の成功に活かす MISSIONコーチング オンライン講座が初めての方のみ適用されます。


■投資の王道セミナーWEB動画を発売しました。

たっぷり4時間のセミナーです。

http://www.xfine.info/ef/eftos


以上

  *     *

■お客様が自然に集まる使命経営とは?使命経営6日間無料メール講座
http://www.fpnet-biz.com/mi/

 
 
日本には、優良企業が多数存在します。

会社の寿命は30年とも言われる中、
世界で100年以上継続している企業(100年企業)の8割が、
なんと日本の企業なのです。

世の中に
存在価値がある会社は繁栄し、
存在価値がない会社は滅びます。

では、どのような会社が繁栄し、長く存続するのでしょうか。

100年企業の最大の特徴は
きちんとした使命があり、それが承継されているということです。

ピータードラッガーも
「経営者が、最初に考え抜かなければならないことが使命である」
と断言しています。

100年企業、そして右肩上がりの経営の秘訣は、
ズバリ、使命に進むことです。

使命経営の本質には7つの切り口がありますが、
そのうちの2つの切り口は以下の通りです。

(1)世の中を良い方向に永続的に変革

(2)天国のような素晴らしい環境を創る

 これは松下幸之助さんの水道哲学の原点「この世にユートピアを建設する」と同じ概念です。


今、かつての日本で優良企業と呼ばれた企業が苦しんでいます。

その原因は何でしょうか?

1つ目は
「最近の経営者は理念を語らなくなった」と言われているように
「経営理念」が希薄になったことが原因です。

2つ目は
「経営理念」が「的外れ」だからです。

「理念」があれば良いわけではなく「的を射た理念」が必要です。

「的を射た理念」とは「使命」です。

つまり「理念経営」ではなく「使命経営」が必要なのです。

(使命経営は弊社の登録商標です)

ネットで「理念経営」と検索すると次のようなキーワードが並びます。

発展 信頼 コンプライアンス
努力 感動 感謝
共感 顧客満足

しかし、これらのキーワードは
経営理念としては、どれも自己中心・自己満足的であり
「使命」から遠い的外れなものばかりです。

このような理念のキーワードが、なぜ
「使命」から遠いのか、つまり
「世の中を良い方向に永続的に変革する」から遠いのか
 いくつか簡単に説明します。

×顧客満足
理念経営のキーワードでも多い概念は顧客満足ですが
経営コンサルタントも間違えるポイントです。

顧客を満足させることは、
「世の中を良い方向に永続的に変革する」
とは無関係なことが多いです。

お客さんが満足するという視点だけでは
世の中を良い方向に変革しないのです。

顧客を満足させる方向が悪い方向であることも多々あります。


・パンを柔らかくすると顧客に喜ばれるので、危険な添加物を投与
・パチンコの新台は顧客に喜ばれるので、新台を大量投入・大量廃棄

「世の中を良い方向に永続的に変革する」という視点がない限り
理念が的外れになりやすいことが分かる好例です。

×発展
×繁栄
発展・繁栄を目指すのは自己中心です。

使命に進むと結果的に発展・繁栄するものだからです。

世の中を良い方向に変革しない企業に永続的発展はありません。

×夢を実現する
夢が何か、具体性がないと意味不明です。

そもそも、どんな夢かを具体的に書くことが理念です。

理念がないから夢と書いているケースが多そうです。

「理念」は「使命」でないと意味がありません。

使命こそが社会に存在する目的・価値であり、使命に進むと繁栄があるからです。

使命がない会社や人は貧困を招くことになります。

つまり、

使命経営こそが世の中に存在する価値なのです。

そして、使命経営は
「お客様が自然と集まるビジネスモデル」
なのです。

使命経営について深堀りしたセミナーを開催します。

経営者・プロフェッショナル・将来、起業を考えている方は是非ご参加ください。

100年企業を生み出す繁栄の秘訣
使命経営セミナー6月16日(土)東京
http://www.eagle-fly.com/se/km/180616/

濃い懇親会もあります。


■メルマガ読者無料特典

使命の本質を知り、使命に進むための無料特典を用意しました。
http://www.xfine.info/dvd/km/esg-adm/


■投資の王道セミナーWEB動画を発売しました。

たっぷり4時間のセミナーです。

http://www.xfine.info/ef/eftos


以上

  *     *

■お客様が自然に集まる使命経営とは?使命経営6日間無料メール講座
http://www.my-mission.jp/fm/

 
 
■天に愛されていることを知る

使命の本質を知り、使命に進むことは大切です。

しかし、使命に進む前に
「天から愛されていることを知ること」
を頭と体(経験)で理解することが大切です。

使命の本質は、天とともに歩むことであり
これは、人生で一番大切なことですが

天に愛されていることが分からないと
天とともに歩むことができません。

天から愛されていることを頭で理解したとしても
天から愛されている実感(経験)がなければ問題になります。

天から愛されている感がないと
使命や自分の才能・知恵などを
自分の武器として自己中心的に使うことになります。

使命や才能・知恵などを自己中心的に自分の武器として使うことで貧困を招きます。

使命には力があるので、最初は成功したようにみえるものの
すぐに高慢になり、良い結果をもたらさず、没落していくのです。


今回の、「天から愛されていることを知る」は感謝をテーマにします。

実は
どうすれば愛されていることに気づくかという「人の視点」だけではなく
どういう人を天は愛すかという「天の視点」も大切です。

ほとんどの人は人の視点でしか見てないために理解が浅くなります。

まず、人の視点ですが

良いことだけではなく
悪いことにも、つまり
全てのことに感謝することは
天に愛されていることを知る近道です。

すでに自分の存在自体を感謝している人は、
それだけで天から愛されていることを実感できています。

また、例えば、いつも大事な時には晴れるという「晴れ男」「晴れ女」は
まさしく天から愛されていることが明確に示されているので

自分が「晴れ男」「晴れ女」だと思う人は
それが天から愛されているという意味です。

そこまで明確でなくても、今まで、
何気ないところで配慮されていたり、
偶然ではないことがあることに気づくことがあると思います。

人生の目的・使命を知り真の成功に活かす MISSIONコーチング オンライン講座の第2回目の
イベントシートを作ることで
天から愛されていることを知るケースも多いと思います。

イベントシートを作ることで
「試練には意味と価値がある」の意味も分かってくると思います。

ここで大切なことは試練をも感謝することです。

なぜなら、試練には意味と価値があるからです。

これは「全てのことに意味がある」ということです。

これが、分かってくると、天から愛されていることが分かってきます。

(イベントシートは時々、やり直してみると新しい発見があると思います。)


天がどういう人を愛すかという視点からすると

人が自分の努力で頑張っている時には、天は見ているだけですが
人が天の元で安息している時に、天が働きます。

ということは次のような状態に陥っている人は
天が働いていることが見えないので
愛されている感もないことになります。

高慢
自己卑下
権威を敬わない
権威が嫌い・権威に反発・国が嫌い
反社会的
自己中心
宗教的
世俗的
自分の力に頼る
自分の力を強くしたい
地位・名誉が欲しい
影響力を持ちたい

これらは全て奴隷マインドの特徴です。


全てのことに感謝することが大事を書きましたが
「ありがとう」や「感謝」と1日千回言うなどということは避けましょう。

効果の有無ではなく問題があるからです。

呪文のように同じ言葉を繰り返して語ることが、
そもそも宗教的・形式的(奴隷マインド的)であり
禁止事項だからです。

天から愛されていることを知るには、
素直に全てのことに感謝することが大切です。

・・・続く

以上


■メルマガ読者無料特典
使命の本質を知り、使命に進むための無料特典を用意しました。
http://www.xfine.info/dvd/km/esg-adm/


■投資の王道セミナーWEB動画を発売しました。
たっぷり4時間のセミナーです。
http://www.xfine.info/ef/eftos

  *     *

■お客様が自然に集まる使命経営とは?使命経営6日間無料メール講座
http://www.fpnet-biz.com/mi/



 
 
■言葉には力がある

言葉には力があります。

私の書籍や、「人生の目的・使命を知り真の成功に活かす MISSIONコーチング オンライン講座」などは
次の2つを意識して書いています。

「真理は人を自由にする」

「人を励まし、たてあげる(成長させる)」

この2つがバランスしないと力を持たないのです。

「真理は人を自由にする」は「真理・誠」であり次のような力があります。

・混乱を取り除く
・正しい道を示す
・間違っていることを認識させる
・間違った方向に向かっているのを矯正する

的外れな人には必須事項です。

但し、「真理は人を自由にする」だけだと、人を裁くことにもなり、
的外れな人は、その的外れを指摘されたことで的外れを加速することもあります。

例えば、勘違いを指摘すると
本人が、それが勘違いだと分かったとしても、
プライドが邪魔して受け入れることができずに
勘違いな方向に加速するのです。

つまり真理に反発するのです。

そこで必要なことは「人を励まし、たてあげる(成長させる)」です。

「人を励まし、たてあげる(成長させる)」は「恵み・愛」です。

但し「人を励まし、たてあげる(成長させる)」だけだと、
・自己中心
・常識外れ
・間違った方向
・ロジックが破綻
・宗教的な方向
・オカルト的な方向
に陥りやすいです。

真理を無視するからです。

例えば、
「人生で一番大切なことは天とともに歩むこと」ですが
「人を励まし、たてあげる(成長させる)」の視点だけしかないと

「人生で一番大切なことは隣人を愛すること」
などと定義をしてしまうことにつながります。

勿論、隣人を愛することは大切なことですが、
それは「天とともに歩むこと」の結果の一つであり
人生で一番大切なことではありません。

その切り口で表現するのであれば
人生で一番大切なことは
「隣人を愛すること」ではなく
「神を愛すること」となります。


真理のあるところには自由がありますが
恵みのない真理は暴力になります。

真理に偏ると、暴力になり
恵みに偏ると、霊的健全性を保てず的外れに陥ります。

ほとんど全ての人は、どちらかに偏っています。


片方が真理をベースに話をして
片方が恵みをベースに話をすると、会話が成り立ちません。

ビジネスは、事実を元に真理ベースで物事を進めていくので
恵みベースに偏った人がビジネスをすると
的外れで嘘付きになってしまいかねません。

実際に、そういうケースは多いのです。

「真理は人を自由にする」
「人を励まし、たてあげる(成長させる)」
この2つをバランスさせることが極めて大切です。


ところで、私はこの2つとは別に次の2つも意識しています。

「格調高く」かつ
「親しみやすく」

これは、文章だけではなく、デザインでも同じです。

相反する概念に思うかもしれませんが、実際には同時に実現可能な概念です。

「格調高く」は「真理は人を自由にする」に相当し

「親しみやすく」は「人を励まし、たてあげる(成長させる)」に相当する

といっても良さそうです。

「格調高く」と「親しみやすく」がないと
品がなく、なれなれしいだけで、力を持ちません。

論文は格調高いかもしれませんが、親しみやすさが欠けてしまうため
読む気になりません。

親しみやすい文章でも、品がない文章は読む気になりません。


人が書く文章には品性が現れます。

次の4つを実現するためには
・真理は人を自由にする
・人を励まし、たてあげる(成長させる)
・格調高く
・親しみやすく
奴隷マインドや奴隷マインド的なものを排除する必要があります。

■奴隷マインド(排除するもの)
自己中心
高慢
自虐・被害妄想
悪い欲(儲けたい・成り上がりたい)悪い感情(怒り・悲しみ)が動機
権威に対する反発
バランスを崩している
的外れ

つまり、王様マインドになることが大切です。

■王様マインド(身に付けるもの)
利他の精神
謙遜
高い健全なセルフイメージ
愛が動機
権威を敬う
バランス感覚がある
的確


蛇足です。

遠くない未来、AIが新聞記事などを書く時代が来るとも言われていますが
今後、AIが書く文章が次の4つを同時に実現できるのか?
「真理は人を自由にする」
「人を励まし、たてあげる(成長させる)」
「格調高く」
「親しみやすく」

実現できたとして、その言葉に力があるのか?

興味深いところです。


以上

使命の本質を知り、使命に進むためのプレゼントを用意しました。
http://www.xfine.info/dvd/km/esg-adm/

       

■お客様が自然に集まる使命経営とは?使命経営6日間無料メール講座
http://www.my-mission.jp/fm/


 
 
宗教的と世俗的は基本が同じ(同根)であり
どちらも自己中心
奴隷マインドであり
バランスを崩した状態です。

宗教という言葉は本来ニュートラルな言葉ですが、
一般的に宗教は本質から離れ
形骸化していたり
偏った考え方だったり
悪い色がついていますが
ここで使う「宗教」「宗教的」という言葉は、
悪い状態に陥っている状態の宗教・信仰と定義します。

宗教は天(神)以外のものに対して信じているもの
という表現をすると分かりやすいかもしれません。

天(神)という言葉はできていても
人・自分・モノ・建物・考え方・教えを信じたり、依存している状態で
それは悪い状態です。

天から愛されている実感がないと、すぐに宗教的になります。

ほとんど全ての人は(自覚はないものの)宗教的といっても良いでしょう。

つまり、ほとんど全ての人は
○○が自分に幸せをもたらしてくれるという信仰や
○○であるべき
○○でなければいけない
などという考え方を持っているのです。


(1)拝金主義

拝金主義は宗教的です。

「お金が自分に幸せをもたらす」という宗教です。

そして拝金主義は宗教的であると同時に世俗的です。

宗教的と世俗的は同根であることが分かる例です。

ちなみに金運神社に行って、お金持ちになるように祈念するのは
かなり宗教的です。


(2)学歴主義

拝金主義の延長にあるのは
「良い大学に行き、良い会社に就職することが幸せをもたらす」
という信仰で、これも宗教的です。

「安定的に高給がもらえる」という信仰です。

同様に学歴や経歴だけで人を判断するのも宗教的です。

どんなに良い会社に入っても奴隷マインドが強ければ
人生はうまくいきません。

「どこにいたか」より「何をしてきたか」が大切です。

そして

「何をしてきたか」より「どんな人か」が大切です。

「どんな人か」のゴールは王様マインドです。


(3)自分を信じる

自分を信じるのも宗教的です。

自分を信じる
自分の判断は常に正しい
自分が理解できないものは間違っている・悪いもの
自分が信じてないものは間違っている・悪いもの
深層心理に従う

これらは「自分教」といっても良いでしょう。

思い込みが強いと宗教的に陥りやすいです。


(4)コントロールスピリット

学校の先生・セミナー講師・コーチング講師が、
相手を納得させよう
感動させよう
買ってもらおうと
自分のファンになってもらおうと
コントロールスピリットを発揮する行為は宗教的です。

自分では自分がコントロールスピリットを発揮していることを
指摘されても気づきません。

そして、自分自信がコントロールされていることにも気づきません。

典型的な例が、コンピューターのMacユーザーの中の熱狂的なファンです。

Macの伝道師・Mac信者とも言われる人が
Windowsを使っているのは奴隷だということがあります。

これは、かなり宗教的です。

スティーブ・ジョブズが一番力を入れているのがプレゼンテーションであり
これに直接・間接的に感化された人たちがMacの伝道師・信者になります。

勿論、本人は宗教的だとは夢にも思っていませんが
周りの人は宗教的だと思っているので、
Macの伝道師・Mac信者と呼ばれることになります。


(5)社会派

権威は嫌い、弱い者を助けることが正義という考え方も宗教的です。

宗教的な人は「自分は弱い人を助けることが使命」と思う人も多いです。

勿論、そういう使命の人もいますが、
全然違う使命がある人でも、このような考え方になりやすいです。

正義感の多くは自己中心的で自分は正義だと思っています。

戦争もお互いが正義だと思っています。

正義という名の裁く心(奴隷マインド)のケースが多いです。


(6)ロジック破綻

ロジックが破綻していたり
確認していないのに思い込みで判断したり
何でも白黒だけで判断したり
感情だけで判断するのは宗教的です。

自己中心の典型例です。


(7)オカルト

「幸福を引き寄せよう」とする行為は宗教的であり、オカルトです。

宗教的であり、世俗的です。



興味深いことに、宗教的な人ほど、
自分のことを宗教的だと思ってないばかりか
宗教は嫌いと思っている人も多いです。

以前、ある集まりの中でダントツに宗教的な人が
「自分は宗教が嫌い」と言っていたので衝撃を受けました。

確信を持って間違えるのは、人の典型的な特徴で
宗教の特徴の一つです。


自分のことは自分では分からないものです。

バランスを崩した状態に陥っていても、
自分ではその状態がニュートラルと思い込んでいます。


宗教的な人は世俗的な人が嫌いであり
世俗的な人は宗教的な人が嫌いですが
実際は自分に合わない部分が嫌いということです。

なぜなら、どちらも自己中心同士だからです。

宗教的になりやすい人は、すぐに宗教的に
世俗的になりやすい人は、すぐに世俗的に倒されます。

どちらも、バランスを崩した自己中心的な状態です。

宗教団体が
悪い意味での「清貧が正しい」としたり(宗教的)
金儲けに走ったり(世俗的)
両極に分かれることからも
バランスを崩している状態だと分かります。

人生を幸せに生きるための要素の一つはバランスです。

宗教的・世俗的にならないこと
バランスを崩さないこと
ニュートラルを意識すると良いでしょう。


以上

使命の本質を知り、使命に進むためのプレゼントを用意しました。
http://www.xfine.info/dvd/km/esg-adm/



■お客様が自然に集まる使命経営とは?使命経営6日間無料メール講座
http://www.fpnet-biz.com/mi/

 
 

現在、トランプ大統領は反対派を切っていくことで独裁化が進んでいますが
中国やロシアは独裁化がもっと進んでいます。


中国は、習近平が国家主席の任期を無制限にし、
一生、国家主席に収まる予定です。

また、
習近平は反対勢力を弾圧するためと思われる監視国家に向かっています。

焦点:中国、「ブラックテクノロジー」で高度な監視国家構築へ
https://www.newsweekjapan.jp/headlines/world/2018/03/209934.php

米国の人気ドラマ「PERSON of INTEREST」などの
映画等に出てくる監視世界です。


ロシアは、プーチン大統領が世界全土を射程範囲に収める
新型巡航ミサイル構想を打ち出しました。

次回の大統領選はプーチン大統領は、圧勝の予測です。

そしてプーチン氏も反対勢力を消しているようです。

プーチンの差し金?亡命ロシア人の不審死が止まらない
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/03/post-9739.php

北朝鮮はまさしく独裁状態がずっと続いています。

今、世界は独裁状態にしないと国家としてまとめることができない
戦国時代に入ってきているということなのでしょう。

つまり、今後、一発触発の時の対応が取れないといけない
緊張の時代に入っているということです。

激動の時代の特徴は、戦争・金融危機再燃・想定外の災害であり
戦争についても水面下で戦争は始まっているという認識です。

ビジネスの世界でも、奴隷マインドの人は
心を亡くして
掻き立てられるように
奴隷的なビジネスを展開していく時代ですが
奴隷マインド的ビジネスが淘汰される時代ゆえの現象と考えています。

つまり、今の時代は、
宗教的・世俗的な奴隷マインドが一時的に活性化しますが
それは、最終的に奴隷マインドの人が王様マインドに転換するための
試練なのでしょう。

彼らの試練の目的は

使命に進んでない人を使命に進ませるため

奴隷マインドの人を王様マインドにするため

と判断しています。


激動の時代は
使命に進んでいる人は繁栄し
使命から外れている人は貧困に陥る
という流れが加速するということです。

使命の本質を知り、使命に進むためのプレゼントを用意しました。
http://www.xfine.info/dvd/km/esg-adm/


■エスタブリッシュメントの会の特徴

あるエスタブリッシュメントの人たちが集まる会があります。

そこでは上下関係はなく
会則はなく
なんとなく属性ごとにグループ分けされ
会費は、各グループ別になんとなく決まり
政財界のトップクラスも集う会ですが
会員になれる条件は、
会員の推薦があり「ハートナイスな人」という曖昧な基準で
自然発生的に生まれた会です。

このような会は、その曖昧さが大切です。

時々、
「このような曖昧な会はダメだ」
「きちんと会則を決める必要がある」として
会則を作り
会費を明確に設定し
きちんと決算報告をしなければいけない
と言い出す人が現れます。

そして、
会員と非会員を明確にわけ
会の中にヒエラレルキー(=ピラミッド型の階層組織・身分制度)をつくり
組織化しようとするのです。

興味深いことに、このようなことを主張する人に共通することがあります。

宗教家は会員になれないのですが
このような主張をする人は宗教的な人で
会員になって数年経過すると
突然、そのような主張を始め
賛同者を何人か集めるのですが
いつの間にか、賛同者とともにいなくなっているのです。

一定の周期で同じようなことが繰り返されます。

ヒエラルキーをつくり、会則でそれを明確化していくのは奴隷的であり
自然発生的なこのような会には相応しくありません。

会社組織などとは全く違うからです。

王の集まりには、それに相応しい環境作りが必要ですが
それは奴隷社会とは正反対のものです。

人はそれぞれ与えられた領域で王であり
上下関係ではなくチームを形成する横並びであり
臨機応変に対応できる会が王が集う会として相応しいといえます。

王とは使命に生きる者です。

以上

使命の本質を知り、使命に進むためのプレゼントを用意しました。
http://www.xfine.info/dvd/km/esg-adm/


       

■お客様が自然に集まる使命経営とは?使命経営6日間無料メール講座
http://www.my-mission.jp/fm/

 
 
人生で一番大切なことは天とともに歩むことです。

天とともに歩んでいる状態が、人の真の成功状態です。

天とともに歩むことが使命の本質であり
使命に進むことは、天の戦士になることです。

戦士になるために大切なことは
天に愛されていることを知ること、そして
天とともに歩むことです。

戦士に「天とともに歩む」概念がないと危険です。

どんなに強い武器(自分の能力)を持っているより、
天とともに歩む方が安全です。

天(神)のカバーの中にいるという概念です。

進む時には進み、止まる時には止まることが大切です。

自分の力がある人ほど、進んではいけない時に進んで
天のカバーから外れ、失敗します。

天とともに歩む概念の一つが
進む時には進み、止まる時には止まること
と言っても良いでしょう。


■心の傷がもたらすもの

心の傷があると、
天から愛されていることが分かりません。

天から愛されていることが分からないと
自分の力に頼るので
天とともに歩むことがうまくできません。

自己啓発が、
自分の力を拡大することを目指し、
自分の力に依存しているように

奴隷マインドは、自分の力をいかに大きくするかに注力し
「天とともに歩む」から遠ざかり
天の祝福からも遠ざかることになります。

天の戦士になるために必要なことは、
まず心の傷を癒すことで

心の傷を癒すためには
天の戦士としての自覚を持ち、
天とともに歩むことで天に癒されていきます。

心の傷を癒さないと陥る一つの例が
コントロールスピリットです。


■人をコントロールしようとする

宗教的な人、世俗的な人、つまり奴隷マインドの人が
まず陥るのが、人をコントロールしようとすることです。

これをコントロールスピリットと言います。

教師・コーチ・先生と呼ばれる職種の人は特に注意が必要です。

本人は、自分のコントロールスピリットに全く気づいてないので厄介です。

自覚がないので、指摘しても理解不能であることがほとんどです。

本人は、相手のためと思っていても
相手をコントロールして奴隷にしていきます。

他人をコントロールすることが当たり前のことなので違和感もありません。

「影響力の武器」
「人を動かす」

などのように「人コントロールして成功しよう」
という本のタイトルを見ても違和感がないのは、

皆がコントロールが当たり前の奴隷マインドの世界に
ドップリ浸かっているからです。

コントロールしている側
コントロールされている側

どちらにも、その意識がないのです。


言葉では「自由に好きなようにやってください」と言っていても
共感させたり、恩義を感じさせようとしなくても
つまり、顕在意識には全くなくても

相手が、共感したり、恩義を感じることで
相手をコントロールしている状況を作ってしまうのです。

特に人タイプ同士は共感するタイプなので共依存状態になったり

悩み相談を受けているうちに間違った考え方に共感してしまい
間違った方向に向かうことになりがちです。

コントロールしようと思ってなくても
コントロールされたくないと思っていても
自然発生的にコントロールされてしまうのです。


奴隷マインドは
自分は苦労しないで搾取するビジネスモデルを構築することを目指します。

苦労しないで搾取するビジネスモデルを構築するために
コントロールスピリットが役立つのです。

奴隷世界を作るビジネスモデルの最強ツールが
コントロールスピリットなのです。

コントロールスピリットは、ある意味
奴隷マインドの原点といっても良いでしょう。


「人をコントロールしようとする」や

その気がなくても「人をコントロールしてしまっている」ことは

人を天の祝福から遠ざかることになります。

つまり、自ら貧困を招いています。

常に「コントロールスピリットを排除する意識」が大切です。


■使命を自分の武器にしない

使命には力があるわけですが、
心の傷が、その力を自分の武器にしてしまいます。

使命を自分の武器することは高慢であり、天の祝福から遠ざかります。

全ての人にとって高慢は一番の問題となります。

使命に進んで成功した人や、戦いに勝ち抜いてきた人であっても
最後に失敗することがあり、その原因が「高慢」なのです。


まとめると、
使命に進むために心の傷を癒すことが大切であり
心の傷を癒すための大切なことは
・天に愛されていることを知ること
 (頭だけではなく実感として理解すること)
・天とともに歩むこと
・天の戦士と認識すること

天に愛されていることを真に理解することで
人はスコーンと開放されていきます。



使命の本質をしっかり理解知るために、
このメルマガ読者の方にプレゼントを用意しました。

http://www.xfine.info/dvd/km/esg-adm/

1)人生で一番大切なこと・右肩上りを実現するセミナーDVD+WEB動画

★何十万円もするようなセミナーより濃い内容です



2)人生の目的・使命を知り真の成功に活かす MISSIONコーチング オンライン講座を1ヶ月分無料にしました。

★私のコンテンツを全てここにつぎ込んでおり帝王学まで含まれます

http://www.xfine.info/dvd/km/esg-adm/
(梱包料+配送料500円だけご負担ください)

是非、お申し込みください。

ちなみに、

使命を知ることよりもっと大切なことは

天から愛されていることを知ることです。

これは王様マインドの基本であり

王様マインドを身につけることも大事な使命です。

奴隷マインドで使命を理解したり、使命に進むと成功から遠ざかることになります。

世界で誰も言ってないものの、聞けばそれが真理だと分かるような
極めて大事なことが多数あります。
 ↓
http://www.xfine.info/dvd/km/esg-adm/


  *     *

■お客様が自然に集まる使命経営とは?使命経営6日間無料メール講座
http://www.fpnet-biz.com/mi/
 
 
新年なので、かなり深い、極めて重要な内容を簡潔にまとめました。

ある人にとっては衝撃的な内容です。

これが理解できると、人が真に富むために大切な使命の本質が見えてくると思います。


天には権威があります。

天の権威とは、例えば
人に使命を与えたり、
使命に進む人に対して祝福して富ませる
ことができる権威です。

人には責任があります。

天から与えられた使命を全うする責任です。

同時に、人には選択する自由があります。

・使命に進むこと、つまり天とともに歩むことも

・自己中心的なこと、例えば年収1億円を目指すことも

選択する自由があります。

選択と責任はセットであり、自分の選択の結果に責任を持つことになります。


「天の祝福が人を富ませる」という大原則があります。

人生の目的(使命)とは天の願いなので、
使命に進む人(天とともに歩む人)は、天から祝福され豊かになります。

自己中心的な目的は、天の願いではないので
自己中心的な目的に進む人は祝福から遠ざかる方向、つまり
自ら貧困を招く(選択する)ことになります。

人が
「成功」つまり、
「この地上で、幸せで充実した豊かな人生を送る」ためには

「天の権威と人の責任のバランス」

が大切です。

「天の権威と人の責任のバランス」は実に奥深いのですが
人からの視点で分解すると、次の各要素が大切ということです。

(1)自己責任
(2)素直
(3)天に委ねる
(4)主体性
(5)良い選択
(6)才能・知恵を活かす
(7)バランス

一つ一つ見ていきます。

(1)責任(自己責任)
自分に与えられた責任(使命)を全うする
全ての言動に責任を持つ
「自己実現のために頑張る」のではなく
「自分に与えられた責任を全うする」が本来の姿

(2)素直
使命を素直に受け取る
良いものを素直に吸収する
良い意見を素直に聞く
天に聞く
素直に行動に移す

(3)委ねる
天とともに歩む
使命を尊重する
人を納得・説得しない
天から与えらえたものに自己中心的な感情等をのせない(=管になる)
時を委ねる(行動する時は行動し、休む時は休む)
越権行為をしない

(4)主体性
行動に落とし込む(行動力がある)
自分の使命・責任を理解して実行する
やることが明確になっていて、
その行動を人に言われる前に率先して自らやる
良いものを学んでいく

(5)良い選択
見分ける力を持つ
良いものを取り入れる(良い考え方・良い意見・良い行動)王様マインド
悪いものを避ける(悪い考え方・悪い意見・悪い行動)奴隷マインド
信頼を築く(時間を守る・マナーを守る・相手の立場になり考える)地味だが信頼に足りないと崩れる

(6)才能・知恵を活かす
自分を知り、天から与えられた性格・才能・役割・知恵を理解し、責任を持って自主的に活かす
考える
創造する(クリエィティブ)

(7)バランス
「自己責任や主体性」と「委ねる」とは反対の概念のようだが
バランスを取るということで両立できる概念
その時々に良い選択をするということ
成功はバランスの中にある


これら7つの要素の、どれが欠けてもうまくいきません。

バランスが一番大切です。

世の中の教えでも、これらは大切な事とされていますが、
一つ一つがバラバラなのではなく
これら全てを一つとすることが、とても大切です。

反対に見れば、
世の中の教えは、人が成功に至る真理の一部を切り出して解説している
といっても良いのかと思います。

但し、一部だけ切り出したり、間違った要素を加えると的外れになりやすいです。

例えば
行動力があっても、的外れな行動は貧困を招きます。

素直だったゆえに、良からぬ宗教に嵌ることもあります。

天の権威と人の責任のバランスが大切です。



使命の本質をしっかり理解知るために、このメルマガ読者の方にプレゼントを用意しました。

1)人生で一番大切なこと・右肩上りを実現するセミナーDVD+WEB動画

★何十万円もするようなセミナーより濃い内容です



2)人生の目的・使命を知り真の成功に活かす MISSIONコーチング オンライン講座を1ヶ月分を無料にしました。

★私のコンテンツを全てここにつぎ込んでおり帝王学まで含まれます

http://www.xfine.info/dvd/km/esg-adm/
(梱包料+配送料500円だけご負担ください)

是非、お申し込みください。

ちなみに、

使命を知ることよりもっと大切なことは

天から愛されていることを知ることです。

これは王様マインドの基本であり

王様マインドを身につけることも大事な使命です。

奴隷マインドで使命を理解したり、使命に進むと成功から遠ざかることになります。

世界で誰も言ってないものの、聞けばそれが真理だと分かるような
極めて大事なことが多数あります。
 ↓
http://www.xfine.info/dvd/km/esg-adm/


  *     *

■お客様が自然に集まる使命経営とは?使命経営6日間無料メール講座
http://www.fpnet-biz.com/mi/
 
 
 
Copyright 1996 FPnet Co., Ltd. All rights reserved.